ケイト・ニュービー KATE NEWBY

CV Download

1979年、ニュージーランドのアオテアロア生まれ。2015年にオークランド大学美術学部大学院の博士課程を修了。現在はアメリカのテキサス在住。

主な展覧会に、個展「Very active weather」KAYOKOYUKI(東京、2024)、「エコロジー:循環をめぐるダイアローグ」銀座メゾンエルメス フォーラム(東京、2024)、「私たちのエコロジー」森美術館(東京、2024)、個展「She’s talking to the wall」Te Papa Tongarewa, Museum of New Zealand(ウェリントン、2023)、個展「miles off road」Fine Arts(シドニー、2023)、個展「Had us running with you」Michael Lett(オークランド、2023)、「Réclamer la Terre」Palais de Tokyo(パリ、2022)、個展「So close, come on」The Sunday Painter(ロンドン、2022)、個展「We are such stuff」Laurel Gitlen(ニューヨーク、2022)、個展「Try doing anything without it」Art: Concept(パリ、2022)、「L'oeil du serpent」Musée d'art contemporain de la Haute-Vienne(ロシュシュアール、2021)、「The Flames: The Living Arts of Ceramics」Musée d'art moderne de Paris(パリ、2021)、「washed up」Hessel Museum of Art, Bard College(ニューヨーク、2021)、個展「YES TOMORROW」Adam Art Gallery(ウェリングトン、2021)、個展「Wild was the night」Institut d’Art Contemporain(ヴィルールバンヌ、2019)、個展「A puzzling light and moving.」lumber room(ポートランド、2019)、個展「Nothing in my life feels big enough」Cooper Cole(トロント、2019)、「21st Biennale of Sydney」Cockatoo Island and the Art Gallery of New South Wales(シドニー、2018)、「Further Thoughts on Earthy Materials」Kunsthaus Hamburg(ハンブルグ、2018)、個展「I can't nail the days down」Kunsthalle Wien(ウィーン、2018)、「In Practice: Material Deviance」SculptureCenter(ニューヨーク、2017)、「The Promise, curated by Axel Wieder」Index - The Swedish Contemporary Art Foundation(ストックホルム、2017)、個展「Let me be the wind that pulls your hair」Artpace(サン・アントニオ、2017)など。

また、The Joan Mitchell Foundation (2019)、The Chinati Foundation (2017)、Artpace (2017)、Fogo Island (2013)、the International Studio & Curatorial Program ISCP (2012)などのレジデンスに参加した他、ニュージーランド最大の現代美術の賞であるthe Walters Prizeを2012年に受賞し、2022年にthe Ettore Fico Prize(トリノ)など数多くの賞を受賞している。