青田 真也 / 秋吉 風人 / 有賀 まなみ / 宇留野 圭 / 大田黒 衣美 / 大野 未来 / 小笠原 盛久 / 金 里珉 / 小池 匡徳 / 髙橋 凜 / 田村 友一郎 / 三宅 砂織 / 本山 ゆかり / 山本 将吾 / 渡辺 英司

デルタ
2021.6.30 (水) – 7.18 (日)

主催:名古屋芸術大学、KAYOKOYUKI

協力:
SCAI THE BATHHOUSE / AOYAMA | MEGURO / WAITINGROOM / KENJI TAKI GALLERY / TARO NASU / Yuka Tsuruno Gallery / Yutaka Kikutake Gallery

delta_kayokoyuki_00.jpg

この度 KAYOKOYUKI では、名古屋芸術大学との共同企画として、名古屋芸術大学の教員 であるアーティスト 7 名と卒業生 / 在学生を含む新進のアーティスト 8 名による展覧会「デ ルタ」を開催します。名古屋芸術大学、KAYOKOYUKI、駒込倉庫、3 つの点をつなぐ展覧会 となります。絵画、彫刻、インスタレーションなど作家 15 名の作品で構成される本展をぜ ひご高覧ください。

デルタはギリシア文字であり、アルファベットのDの起源に相当する。
文字が三角形を想起することから、三角州をデルタとも称する。名古屋芸術大学、KAYOKOYUKI、駒込 倉庫の3者が関わる展覧会企画ということから、それをデルタと言い換えることは、不可能ではない のかもしれない。
そのデルタ、三角州の形成には幾筋もの河川が関係するという。その河川が運搬してきた土砂が三角 州、デルタを形成するとすれば、幾筋もの作家によって持ち込まれた作品という土砂が堆積したその 有り様は、どこか展覧会という有り様への類似として見出してしまうのは自分だけだろうか。
ときに作家は、独立した存在であろうとし、その流れを自らが規定しようとするが、実際はそのように はなかなかいかない。その時々の条件によって曲がりくねり、ときには途切れることだってある。ほか の河川と交わることもあれば、別れることだってある。ただ、そのような流れたちも最終的には海へと つながる帰結を迎えるわけだが、その矢先に、それぞれが運んできた土砂、作品がひと所に堆積し、デ ルタを形成する。しかし、その堆積した作品、土砂もいずれは海の潮流によって侵食され、形を変える ことを思えば、そのデルタはひとときの風景とも言える。その極めてテンポラリーな風景を眺めるの が、この「デルタ」と称した展覧会なのかもしれない。
そして、Cの話題にも飽きてきたきょうこの頃では、そろそろ次の話題、例えばDへと移るタイミング だとしたら。そのCの次、Dを正しく伝えるための音声コードはデルタである。

田村友一郎(アーティスト/名古屋芸術大学准教授)