PUGMENT

2019年春夏コレクション 「SPRING 2019」
2018.11.25 (日) - 12.16 (日)

PUGMENT

 この度、11月25日よりKAYOKOYUKIでは、ファッションレーベル PUGMENT(パグメント)による2019年春夏コレクション「SPRING 2019」を開催いたします。

 PUGMENTはこれまで、路上に落ちている衣服のディティールをプリント した「MAGNETIC DRESS」や、古着のミリタリーウェアを燃やした灰で作られた「IMAGE」など、 映像や写真、パフォーマンスといった様々な手法を用いて衣服と人・都市・ 社会との関係性を抽出し コレクションを制作、発表してきました。

 本展は、言語から想起される意味内容やイメージのズレにより生まれるディスコミュニケーションをモチーフとしています。自らの経験を言葉によって他者へ伝える時、言葉は他者の経験に接続され、 架空の新たな景色を作り出します。そのプロセスを観察、収集した素材を元に衣服のコレクションと 絵画、立体作品を構成します。

PUGMENT パグメント:
大谷将弘と今福華凜によって 2014 年に設立。衣服が人間の営みにおいて価値や意味が変容し ていくプロセスを観察し、衣服の制作工程に組み込む。ファッションにまつわるイメージと人との関係性 に着目し、既にある価値・環境・情報について別の視点を持つための衣服を発表する。 主な発表として「1XXX‒2018‒2XXX」(KAYOKOYUKI / Utrecht / n id a deux、東京、2018)、「新しいルーブ・ ゴールドバーグ・マシーン」(KAYOKOYUKI /駒込倉庫、2016)、「THE EXPOSED#9 passing pictures」 (G/P gallery SHINONOME、2015)など。2017 年 6 月に共同運営するアーティストランスペースにてファッ ションショーを行い、2018 年春夏コレクションを発表。同年 10 月にはオランダ「Unseen Amsterdam」にて 写真家の小林健太と協働しパフォーマンスを行った。
PUGMENT.COM